2008年11月03日

2008年11月02日

知ってビックリ!船の大疑問 著者/謎解きゼミナール

《船を操縦をする部屋のことを「橋」を意味する「ブリッジ」と呼ぶのは何故? 世界最古の損害保険は海上保険だった? アラビアン・ナイトに登場する船乗りシンドバッドはどんな船で冒険に出た? 世界の流通を革命的な変化をもたらしたコンテナ船は何がスゴイのか? クルーズ客船の「クルーズ」の由来は? 飛行機の発達により、国内にしろ海外に出掛けるにしろ、長距離移動の乗り物としての船は私たちからは疎遠になったように感じる現代ですが、海に囲まれた日本は旅行の手段だけではなく、ありとあらゆる経済活動に船は未だ不可欠な存在です。船無くして過去から現在はもちろん、未来の日本もありえない。そんな日本を支える船についての豊かな知識や面白いエピソードを満載した一冊です》

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

2008年10月31日

2008年10月30日

2008年10月29日

2008年10月28日

2008年10月27日

虎屋―和菓子と歩んだ五百年 著者/黒川 光博

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

虎屋―和菓子と歩んだ五百年 著者/黒川 光博

《およそ500年も昔の室町時代に京都で誕生した、和菓子の老舗『虎屋』。第104代後陽成天皇(在位天正14〜慶長16年〓1586〜1611年)のときに初めて天皇家御用達となって、それ以来、歴代の天皇や公家、将軍、大名、文化人等と菓子を通じて交わり、日本の歴史とともに歩んできたといってよい老舗。歴代天皇や将軍はもちろん、水戸のご老公こと水戸光圀や忠臣蔵の吉良上野介、江戸時代の代表的作家で『好色一代男』等で有名な井原西鶴、元禄時代の有名画家である尾形光琳などなど虎屋と関わりのある著名人を挙げていけばそのまま日本の歴史を編纂できるのではないかと思える歴史の重みを有する店舗。そんな歴代ある店舗の第17代当主が綴った和菓子から見る日本の歴史です》

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

にっぽん企業家烈伝 著者/村橋 勝子

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

にっぽん企業家烈伝 著者/村橋 勝子

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

にっぽん企業家烈伝 著者/村橋 勝子

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

にっぽん企業家烈伝 著者/村橋 勝子

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

にっぽん企業家烈伝 著者/村橋 勝子

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

にっぽん企業家烈伝 著者/村橋 勝子

《佐賀県伊万里の名家に生まれた森永太一郎。しかし生家は没落、孤児、流転……、やっと陶器貿易商人として身をを立てたと思えば突然の不況でまたもや転落、再起を賭けての渡米。しかし結果は異国の地で無一文。そんな辛酸をなめ続ける日々の途上で出逢ったキャラメルの小さな包み紙。この小さな出逢いが日本の洋菓子業界の巨人【森永製菓】と、あの『エンゼルマーク』を生み出させた、神の見えざる御手だった。蜜柑の名産地紀州(現在の和歌山県)にて、代々、蜜柑栽培で財を為す旧家に生まれた上山英一郎。自分の代で蜜柑輸出の商店経営を開始した彼は、その矢先に同じ業種を計画するアメリカ人の来訪を受ける。将来、商売敵となるはずのアメリカ人にも寛大な対応したその結果が、現在まで続く超ロングセラーの蚊取り線香とキンチョール、そして鶏のマーク『金鳥』を掲げる企業【大日本除虫菊】産みだした。 外交官から【鹿島建設】の入り婿となり、同社の経営改革を成功させ、第二次大戦敗戦後の日本において鬼より恐い存在だったGHQ相手にクレームをつけ、要求を承認させることに成功し、日本の超高層ビル時代の先駆けとなる霞が関ビルを完成させた鹿島守之助(旧姓・永富)と卯女夫妻……。 アジア初の近代国家の文明開化・富国強兵・殖産興業に貢献し、戦後は日本を見るも無惨な焦土から奇跡の経済復興によって世界第二位の経済大国にまで押し上げた18人の企業家たちの群像を描いた痛快な近代日本経済人物伝。》

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

小麦粉博物誌 著者/日清製粉株式会社

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

小麦粉博物誌 著者/日清製粉株式会社

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

小麦粉博物誌 著者/日清製粉株式会社

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

小麦粉博物誌 著者/日清製粉株式会社

昨日の続き

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

小麦粉博物誌 著者/日清製粉株式会社

《「人はパンのみにて生きるに非ず、神の口より出でる凡ての言葉にて生きる」 新約聖書(マタイ伝福音書第4章)に記述されている、イエス・キリストの有名な言葉ですね。確かに人間は野獣と違って、食欲という肉体的欲求の充足だけでなく、キリストが言う「神の言葉」で表される「精神的なもの」による充足がなければ、人生はただ虚しいだけです。しかし、そうはいっても、まずパン(食料)が無くては、この世に存在自体ができないのも、あらためて言うまでもない現実です。フランス革命直前のフランス王妃であるマリー・アントワネットは、「パンが無い!」という、パリ市民の言葉に対して、「パンがなければお菓子(ケーキ?)を食べればよいのに」というトンチンカンな言葉を放って、パリ市民の怒りの炎に油を注いでしまったという、有名な逸話がありますね。まあ、この逸話が実話か否かはともかくとして、「パンが無い!」ということはつまり、「食べ物が何も無い!」と同義語だったわけですな。人類の生命を支える食料の代表格と言えば「穀物」です。米、麦(小麦、大麦、ライ麦)、トウモロコシ等がありますが、今回はその中から麦について、取り上げたいと思います。その麦の中でも私たちに最も親しみのある「小麦」についての様々な、歴史やエピソード、諺や格言、小麦粉を使った様々な料理や、麦に関係した映画や文学等々についての多種多彩な知識や雑学を日本の製粉業界のトップ企業の日清製粉が編集した一冊です》

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
宜しければクリックを、人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。