2006年02月25日

少林寺拳法入門 著者・宗 道臣

「力無き正義は無能なり。正義無き力は暴力なり」この言葉の意味を私達は、正しく理解できているでしょうか。そもそも現代の日本人は第二次世界大戦の敗戦による自信喪失と、憲法の第九条や人権尊重の文言を無思慮、無分別に盲信してしまい。力の行使を無条件に悪と決めつけ躾の為の体罰も暴力。正当防衛のはずの抵抗も暴行傷害。凶悪犯に対する職務執行の為の警官の発砲も権力の横暴。果ては国防の為の自衛隊までも許しがたい存在の如く主張する、自称知識人(阿呆な輩)が蔓延する情けない国家になってしまいました。

続きを読む
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宗教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
宜しければクリックを、人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。