2005年11月27日

エキゾチック・ヴァイオリン〜アジアの響きをめぐる旅 著者・林巧

あなたは、どんな音楽が好きですか?ジャズ、ロック、クラシック、ポップス、あるいはラテン・ミュージックですか?ですが、どれも西洋音楽の系統ですよね。今の日本人は西洋音楽系の愛好者が圧倒的多数じゃないですか?

“聞く”のは、もちろん自分で“奏でる”楽器もギター、ウ"ァイオリン、フルート、サクソフォン、ピアノ、オルガン等々。確かに西洋音楽も素晴らしいですが、アジアの音楽にも目を、耳を向けて見て下さい。きっとあなたの身にも心にもジンワリ、しっとりと染み渡る優雅で荘重な不思議な“気”に満ちてくるはずです。

中国の弦楽器“胡琴”アジア的ピアノと言うべき“胡蝶琴”バリ島の神秘的演奏“ガムラン”。私たちアジア人の血潮に響き渡る旋律を知るために本書を手に取ってみて下さい。


posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。