2011年01月23日

民間防衛 著者/スイス政府

昨日の続き

今回紹介いたします本は、スイス連邦内閣の要請によって、スイス連邦法務警察省がスイス国民に、国防の大切さと、その為の心構えや、いざ有事の際に、国民がとるべき具体的な行動についてを語りかけるために発行した本です。

ところで皆さんは『スイス』という国に、どのようなイメージを持っておられるでしょうか。

私がスイスという国を知ったのは、子供の頃に視たテレビアニメの『アルプスの少女ハイジ』が最初でしたが、多分、私と同じ方々が多いのではないかと思います。

そしてあのアニメーションで描写されていた牧歌的な雰囲気や、敗戦後に「太平洋のスイスになれ」というマッカーサーの言葉がもてはやされた結果、永世中立によって、平和と安全を享受している「平和愛好国家」としてのイメージではないでしょうか。

しかし、日本人の少なからぬ人々が誤解していること、もしくは、本当は解っていながら、わざと解らないふりをしていることがあります。 

明日へ続く


posted by 管理人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181264486
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。