2010年11月28日

女は男の指を見る 著者/竹内 久美子

昨日の続き

内容抜粋

『人間を裏切る動物たち』

(冒頭略)

今ではそうでないことが少しずつ定着しつつありますが、一昔前は同じ種で殺し合いをするのは人間だけだ、人間以外の動物はそんなことはしないという信仰にも近い考えがありました。

そこで人間はともかくとして動物の世界ではきっとそうに違いないという人間が作った「素朴な」動物観を裏切る研究を幾つか紹介します。

仲間を騙すなんて当たり前、同じ種の子供を殺す(「子殺し」)、そして交尾をコミュニケーションや食べ物を得るための手段にすることさえもある……。

「子殺し」が最初に確認されたのはハヌマンラングールでした。

明日へ続く


posted by 管理人 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170486900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。