2010年09月14日

だから混浴はやめられない 著者/山崎 まゆみ

昨日の続き

川岸にある露天風呂で温まった後は、いつも川で遊ぶのだと彼等は話してくれた。

そして、いつものように川で遊び、それから志津川に架かる橋へと走っていった。

そして、橋の上から3メートルほど下の川へ、「ま・ゆ・みちゃ〜ん」と、叫びながらダイブ。

これには照れくさかったが、正直、嬉しかった。

こんなにも素直な子がいることに感動を覚えたし、それ以上に、この子供逹が育った志津地区の環境がどんなに素晴らしいのかを実感した。

そんな少年逹を思い出しながら、先程のおばあちゃんの「温泉で子供を肥らしよった」という言葉に聞き入った。

満願寺温泉は、本章で書いてきたように源泉からの湧出量は確かに豊富にある優秀な温泉地である。

明日へ続く

posted by 管理人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。