2010年06月24日

ぶっかけ飯の快感 著者/小泉 武夫

昨日の続き

『大化けしたマグロ味噌漬け丼』

マグロと聞くと誰よりも、猫よりも早くすっ飛んでいって、かぶりつきたくなるのが私のいやしい性です。

しかし美味なマグロは高価でなかなか口にはできません。

だからクロマグロ(ホンマグロ)のトロなんて恐れ多い。

ミナミマグロ(インドマグロ)など贅沢すぎます。

メバチマグロのトロも高価だから遠慮します。

そうそう、これだ。

キハダマグロかメカジキ、クロカジキ、バショウカジキあたりのトロ身か中トロ身。

それでよいから短冊に下ろした切り身があったら買ってこよう。

何をするかというと、味噌漬けなのです。

これほど値段の割に超美味となり大化けするものを見たことはありません。

赤味噌系の田舎味噌を用意して、カツオ節でとったダシで、ほんの少々ゆるめます。

明日へ続く

posted by 管理人 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154227862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。