2010年06月22日

ぶっかけ飯の快感 著者/小泉 武夫

昨日の続き

内容抜粋

『猫飯にこそ食味の悟り』

猫飯が大好きだ。丼にご飯を七、八分目に盛って、様々なものをぶっかけてガツガツ食らうアレですが、一番簡単で素朴感のあるのは味噌汁をかけ、削り節を散らしたものでしょう。

削り節は上等なカツオ節より、サバ節のような大衆性のあるものの方が、断然似合います。最近の猫君たちは大層グルメになってきたそうなので、私の好む猫飯なんぞに見向きもしないかもしれませんが、私はこれば大好きです。

菜っ葉の味噌汁の中に生卵を割って入れ、煮てブヨブヨよりやや硬くなったところで、味噌汁もろともぶっかけたヤツなどは、悟りが開けるのではあるまいかと思うほどの美味です。

カレイやサバを煮付けた時に出る汁を冷蔵庫におくとできる煮凍(にこごり)を、翌日丼に盛った熱いご飯の上にかけて、溶かしながらかっ込む猫飯の旨さといったら、今度こそ食味の悟りが開けてしまうほどです。

明日へ続く

posted by 管理人 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154091287
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。