2009年06月05日

ピースボートについて

昨日の続き

既に当インテリジェンスでも紹介している、宮嶋茂樹氏の著作『ああ、堂々の自衛隊』(双葉文庫)を私が読んだのは10年余り前のことでした。

その本は、カンボジアのタケオにて、陸上自衛隊の初めてのPKO活動(この時は、施設大隊が派遣され、道路・橋梁の修理等の建設作業を主体に、他のUNTAC部隊への水・燃料の供給や物資輸送が任務だった)を宮嶋茂樹氏が取材したものをまとめた一冊なのですが、それの後半部に、『決戦!ピースボート』という頁があり、ピースボートの創始者である辻元議員を先頭に、そのピースボート一行が、気温40度という酷熱猛暑のタケオに駐留してPKOに精勤している陸上自衛隊の施設部隊の元に襲来してきて、現地で道路・橋梁工事に精勤する自衛隊の広報を担当する太田三佐とピースボートの方々との質疑応答の様子が記されていました。

で、その様子についてはいつもの書籍紹介と同様に、宮嶋氏の著書からの内容抜粋方式で、紹介させていただきます。

明日へ続く
posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口、思うに・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120591375
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。