2009年01月14日

魔法のラーメン発明物語 著者/安藤 百福

昨日の続き

『油熱乾燥法〜てんぷらの原理を応用』

即席めんの開発は何度も壁に突き当たった。

私は、麺に予めスープの味が染み込んでいる「着味めん」を作ろうとしていた。

しかし、その方法がわからない。

小麦粉の中にスープを練り込むと、出来上がった麺はボソボソに切れた。

麺を蒸してからスープにつけてみると、粘ついて乾燥しにくい。

そこでジョウロでスープを振りかけ、少し自然乾燥した後、手で揉みほぐしてみた。

するとやっと、均一に表皮に染み込ませることができた。

これを長期保存に耐えられるように乾燥し、熱湯で素早く戻るようにしたかった。

保存性と簡便性。

この2つが課題として立ち塞がった。

試行錯誤の末、結局私は油熱による乾燥法に辿り着いた。

ヒントはてんぷらだった。

ある時、台所に入っていくと、家内がてんぷらを揚げていた。

小麦粉の衣は油の中に入ると泡を立て、水をはじき出している。

浮き上がってきた衣の表面には、ぽつぽつと無数の穴が開いていた。

「これだ。てんぷらの原理を応用すればいいのだ」。

興奮した私は何度も、麺線を一本、二本と油の中に放り込み、パチパチとはじけて浮かび上がる様子を飽きもせずに眺めていた。

明日へ続く

posted by 管理人 at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
宜しければクリックを、人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。