2011年06月01日

害虫の誕生〜虫からみた日本史 著者/瀬戸口 明久

あるものは黒雲の如く大群で飛び交い農作物を喰い荒らし、あるものは目に捉えるのも難しい小さな身体を利して、ひそかに人間に近づきその血を吸い、あるものは人家が提供してくれる温かさと食物を狙って住み着き、不衛生な黴菌を伝播する。続きを読む
posted by 管理人 at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
宜しければクリックを、人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。