2010年09月02日

だから混浴はやめられない 著者/山崎 まゆみ

ある時は、福島県の奥会津の共同浴場にて、およそ80代と思われる二人の老紳士が語る戦争中の話や時代劇の話の相手となり、ある時は、九州は阿蘇山の中腹の小さな集落にて、川岸に湧く開けっ広げな温泉で、地元の腕白小僧たちが無邪気に語る将来の夢に聞き入り、ある時は、世界遺産の島である屋久島で干潮時にしか入れない、海中温泉を管理する、「温泉の主」の古老の、厳しさと優しさの両面の中に、自らの祖父の面影を見出だし、ある時は、地球の反対側のブラジルから、自分のソウル(魂)を求めて、一年に一度、日本の温泉にくる日系移民2世の老人の心情に思いを馳せ……。

続きを読む
posted by 管理人 at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
宜しければクリックを、人気blogランキングへ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。